任意保険の相場

任意保険(自動車保険)の相場

現在任意保険の相場は、通販型・ダイレクト型保険ならおよそ4万円。

 

 

これまで主流だった代理店型任意保険の相場が7万円ほどですから、ここ数年でかなり低価格化が進んでいるのがお分かりいただけると思います。

 

 

ただしこれはあくまで平均的な補償内容の場合。

  • ドライバーの年齢や車種、
  • ライフスタイルや
  • 運転実績

などによって保険料は大きく変わってきますから、あなたに合った保険の相場は見積もりを取るまでわかりません。

 

 

でも、今や数多く存在する保険会社に1社ずつ見積もりを依頼するのは大変ですし、数十社の見積もりを突き合わせて比較するのも骨の折れる作業です。

 

 

そこでお勧めなのが、自動車保険(任意保険)の一括見積もりサイト。

 

人気の保険会社20社以上から一度に見積もりを取ることができ、かつ自動的にお得な保険だけをピックアップしてくれるので比較の手間もかかりません。

 

新規に加入する方はもちろん、任意保険(自動車保険)の乗り換えの際にも便利。

 

車を購入してから一度も見直しを行っていない方や、現在加入している保険が満期を迎える方は現在の相場を知る意味で一度利用してみることをお勧めします。

 

利用された方の中には、補償内容はそのまま保険料を半額にまで抑えられたという方も珍しくありません。

 

まずは現在の自身の保険料の相場を知ること。
その上で、保険料と補償のバランスを比較し、安心・納得の保険を選んでください。

 

任意保険のロードサービスの特徴と注意点

任意保険相場

任意保険の契約には、ほとんどの場合、無料のロードサービスが付帯しています。

 

 

ロードサービスは、契約中の自動車が事故や故障によって走行不能となった場合などに、現場に自動車修理業者が急行し、けん引や各種の応急処置などを行うものです。


 

契約する任意保険の種類や保険会社によって違いがありますが、サービスのメニューとしては、

  • レッカー車によるけん引移動や故障した自動車の修理工場への搬送などのほか、
  • バッテリー上がりの際のジャンピング、
  • パンクしたタイヤの交換、
  • 燃料切れで路上停車してしまった際のガソリンの給油

などがあります。

 

事故や故障のために自動車で帰宅できなくなった場合に、電車・バス・タクシーなどによる自宅までの交通費や、現地宿泊のためのホテル代などを無料とするサービスもあります。

 

 

任意保険のロードサービスを利用する際の注意点として、必ず事前に保険会社の緊急対応窓口に電話して、修理業者をあっせんしてもらうということが挙げられます。

 

この手続きをとらずに自前で修理業者を呼んでしまった場合には、サービスが無料で受けられないことになります。

 

また、約款で定められたロードサービスの無料の範囲を超えるような依頼については、自己負担が発生してしまう場合もあります。